サテライト会場

サテライト会場は、3.11映画祭に連携参加する全国の団体・企業が主体となり、それぞれが3.11に向き合いチョイスした作品を上映、運営も各団体が行っています。昨年は14 会場、今年は約30会場と増え、映画祭の枠を超えた上映プロジェクトとして広がっています。
詳細・申込みはこちらをご覧ください。
2017年2月現在の「自主上映可能作品」の一覧がありますので、こちらで上映作品の検討や上映のお申込みができます。

北海道地方

催事名 3.11映画祭in北海道/千歳
上映作品
備考

監督:佐藤太/2016年/130分

東日本大震災に伴う福島第一原発事故の発生から5日間に渡る首相官邸や市民の姿を、1人の新聞記者の視点で再現したドラマ。2011年3月11日、震災によって福島第一原発は全電源を喪失。打つ手のないまま、事態は刻々と悪化の一途を辿る。当時、事故に対応した内閣閣僚はすべて実名で登場。菅直人首相を三田村邦彦、内閣官房長官・枝野幸男を菅原大吉、内閣官房副長官・福山哲郎を神尾佑、首相補佐官・寺田学を青山草太が演じる。

日程 3月15日(水)
時間 開場/13:00 挨拶/13:15 上映/13:30 上映終了/15:40
定員 30名
会場 千歳まちライブラリー研修室 千歳タウンプラザ内
会場住所 千歳市幸町4丁目30
料金 前売り1000円/当日1200円
参加方法
お問合せ先

一般社団法人北海道ブックシェアリング

TEL:011‐378‐4195 FAX:011‐378‐4196

運営 北海道ブックシェアリング
催事名 3.11映画祭in北海道/江別
上映作品
備考

監督:佐藤太/2016年/130分

東日本大震災に伴う福島第一原発事故の発生から5日間に渡る首相官邸や市民の姿を、1人の新聞記者の視点で再現したドラマ。2011年3月11日、震災によって福島第一原発は全電源を喪失。打つ手のないまま、事態は刻々と悪化の一途を辿る。当時、事故に対応した内閣閣僚はすべて実名で登場。菅直人首相を三田村邦彦、内閣官房長官・枝野幸男を菅原大吉、内閣官房副長官・福山哲郎を神尾佑、首相補佐官・寺田学を青山草太が演じる。

日程 3月13日(月)
時間 開場/18:00 挨拶/18:15 上映/18:30 終了/20:40  *参加者によるトークセッション/20:50~21:20
定員 20名
会場 ばーどらんど(江別市大麻銀座商店街 書店ブックバード2F)
会場住所 江別市大麻東町13
料金 前売り1000円/当日1200円
参加方法
お問合せ先

一般社団法人北海道ブックシェアリング

TEL:011‐378‐4195 FAX:011‐378‐4196

運営 北海道ブックシェアリング
催事名 3.11映画祭in北海道/札幌
上映作品
備考

監督:佐藤太/2016年/130分

東日本大震災に伴う福島第一原発事故の発生から5日間に渡る首相官邸や市民の姿を、1人の新聞記者の視点で再現したドラマ。2011年3月11日、震災によって福島第一原発は全電源を喪失。打つ手のないまま、事態は刻々と悪化の一途を辿る。当時、事故に対応した内閣閣僚はすべて実名で登場。菅直人首相を三田村邦彦、内閣官房長官・枝野幸男を菅原大吉、内閣官房副長官・福山哲郎を神尾佑、首相補佐官・寺田学を青山草太が演じる。

日程 3月12日(日)
時間 開場/18:00 挨拶/18:15 上映/18:30 終了/20:40 
定員 60名
会場 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)第1会議室
会場住所 札幌市中央区北1西1
料金 前売り1000円/当日1200円
参加方法
お問合せ先

一般社団法人北海道ブックシェアリング

TEL:011‐378‐4195 FAX:011‐378‐4196

運営 北海道ブックシェアリング

関東地方

催事名 3.11映画祭in水戸
上映作品
備考

※各回の上映時間には上映後30分程度の対話の時間を含んでおります。
※託児サービスはございません。お子さんと一緒にご鑑賞ください。

日程 2017年3月11日(土)
時間 ①10:30〜12:25『0円キッチン』 ②13:30〜15:15『抱くHUG』 ③15:40〜17:35『0円キッチン』 ④18:00〜19:45『抱くHUG』
定員 50席
会場 茨城県水戸生涯学習センター大講座室
会場住所 〒310-0011 茨城県水戸市三の丸1-5-38 茨城県三の丸庁舎3F
料金 一般(大学生以上)1作品1,000円2作品1,500円 中高生500円、小学生以下無料
参加方法
お問合せ先
運営 310+1シネマプロジェクト

関西地方

催事名 3.11映画祭in関西/和歌山
上映作品
備考

監督:佐藤太/2016年/130分

東日本大震災に伴う福島第一原発事故の発生から5日間に渡る首相官邸や市民の姿を、1人の新聞記者の視点で再現したドラマ。2011年3月11日、震災によって福島第一原発は全電源を喪失。打つ手のないまま、事態は刻々と悪化の一途を辿る。当時、事故に対応した内閣閣僚はすべて実名で登場。菅直人首相を三田村邦彦、内閣官房長官・枝野幸男を菅原大吉、内閣官房副長官・福山哲郎を神尾佑、首相補佐官・寺田学を青山草太が演じる。

日程 3月4日(土)
時間 14:00~
定員 20名
会場 TSUTAYA WAYガーデンパーク和歌山店
会場住所 和歌山市松江向鵜ノ島1469-1 TSUTAYA WAYガーデンパーク和歌山店
料金 無料
参加方法

先着順

お問合せ先

TSUTAYA WAYガーデンパーク和歌山店

TEL:073-480-5900

運営 TSUTAYA WAYガーデンパーク和歌山店
催事名 3.11映画祭in関西/豊岡劇場(兵庫/豊岡)
上映作品
備考

監督:畠山容平 /2015年/87分
上映前・監督及び関係者舞台挨拶あり/上映後・45分程度のトークショーを予定

日程 3月11日(土)
時間 18:30~
定員 40名
会場 豊岡劇場
会場住所 豊岡市 元町10-18
料金 一般 1800円/大学1500円 (学生証をお持ちください)/ 中・高校生 1000円 (学生証をお持ちください)/小人(3歳以上)1000円 /シニア(60歳以上)1000円 (年齢確認用書類をお持ちください)/ 障害者手帳をお持ちの方1000円 (付添の方も1名まで同料金)/ペア割引 (どちらかが50歳以上のペア、性別不問)2600円
参加方法

当日に劇場窓口にてチケット購入

お問合せ先

 tel:0796-34-6256

運営 豊岡劇場
催事名 3.11映画祭in関西/シアターセブン(大阪/十三)
上映作品
備考

「ハルをさがして」 劇場公開は3/25[土]~3/31[金]

監督:尾関玄 /2015年/93分

震災後の福島を舞台に、ひと夏の経験を通して少年少女たちの「成長」という普遍的なテーマを描く「ハルを探して」。イケてない中学生男子3人と一番可愛い女子が織りなす4人の旅は、ほろ苦くそしてどこかおかしな珍道中。2015年「第2回子供国際映画祭in沖縄」を皮切りに、数々の映画祭で上映され、劇場内を笑いと涙で包み込み幅広い世代から支持を集めた。

他、下記作品を上映。

【他作品】
■3.4[土]~3.11[金]『土徳流離 ~奥州相馬復興への悲願~』
■3.4[土]~3.11[金]『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』

日程 3.4[土]~『土徳流離 ~奥州相馬復興への悲願~』『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』、3/25~『ハルを探して』
時間 詳細は劇場にお尋ね下さい
定員
会場 シアターセブン
会場住所 大阪市淀川区十三本町1丁目7−27 サンポードシティ 5F
料金
参加方法
お問合せ先

TEL/FAX:06-4862-7733
MAIL:info@theater-seven.com

運営 シアターセブン
催事名 3.11映画祭in関西/塚口サンサン劇場(兵庫/塚口)
上映作品
備考

阪神・淡路大震災15年NHK特集ドラマが異例の劇場作に。子どもの頃に阪神・淡路大震災を経験した男女が、神戸で偶然知り合い、震災当日から15年後の朝を共に迎える姿を描く。

監督:井上剛 /2010年/83分

キャスト/森山未來・佐藤江梨子

日程 2017/3/11(土)~16(木)
時間 詳細は劇場にお尋ね下さい
定員
会場 塚口サンサン劇場
会場住所 尼崎市 南塚口町2丁目1−1 塚口さんさんタウン1番館‎ 塚口さんさんタウン
料金 一般1.200円、シニア1,000円、学生以下800円
参加方法
お問合せ先

06-642-3581

運営 塚口サンサン劇場
催事名 3.11映画祭in関西/シネ・ヌーヴォ(大阪/九条)
上映作品
備考

監督:佐藤太/2016年/130分

東日本大震災に伴う福島第一原発事故の発生から5日間に渡る首相官邸や市民の姿を、1人の新聞記者の視点で再現したドラマ。2011年3月11日、震災によって福島第一原発は全電源を喪失。打つ手のないまま、事態は刻々と悪化の一途を辿る。当時、事故に対応した内閣閣僚はすべて実名で登場。菅直人首相を三田村邦彦、内閣官房長官・枝野幸男を菅原大吉、内閣官房副長官・福山哲郎を神尾佑、首相補佐官・寺田学を青山草太が演じる。

日程 2017/3/4(土)~3/31(金)
時間 詳細は劇場へお問い合わせください
定員
会場 シネ・ヌーヴォX
会場住所 大阪市西区九条1-20-24
料金
参加方法
お問合せ先

TEL 06-6582-1416 FAX 06-6582-1420

運営 シネ・ヌーヴォ
催事名 3.11映画祭in大阪 Loveフェス3.11
上映作品
備考

シネマフューチャーセッションは東北復興支援!LOVEフェス 3.11のコンテンツです。

東北復興支援!LOVEフェス 3.11とは

http://www.lovefes311.com/about/

「関西から東北に笑顔のかけ橋を」がコンセプトの東北復興支援イベントです。

2011年3月11日、未曾有の被害をもたらした、東日本大震災。

震災を通じて「東北のために何かしたい!!」という想いを持った仲間が集まり、2012年3月11日に第1回東北復興支援イベント「LOVEフェス3.11」を開催しました。

このイベントを通じて

3月11日の出来事を風化させることなく東北に勇気や希望、笑顔を届けるために

毎年「LOVEフェス3.11」を開催しつづけていきます。

日程 2017年3月12日(日)
時間 ①10時〜12時30分「ガレキとラジオ」 ②13時〜15時「雄勝〜法印神楽の復興」 ③15時30分〜17時30分「いつかのピクニック」 ④18時〜20時30分「東北ライブハウス大作戦」
定員 15席
会場 大阪梅田「はっち」
会場住所 大阪市北区中津5丁目4-21
料金 ①「ガレキとラジオ」:500円  ②「雄勝~法印神楽の復活」:無料  ③「いつかのピクニック」:無料  ④「東北ライブハウス大作戦」:投げ銭制
参加方法

上記の各Facebookイベントページからお申し込み、 または参加したい映画①-④(複数可)とお名前・ご連絡先を記載して kansai.future.center@gmail.com までメールでお申し込みください。

お問合せ先

https://facebook.com/kansaifcn

運営 関西フューチャーセンター
催事名 3.11映画祭in関西/梅田 蔦屋書店
上映作品
備考

原発事故の影響で農作物出荷停止を受け、自死した農家の男性。その息子と妻は、汚された土地で農作物を作り続けている。福島県須賀川市を訪れた東京の学生がその4年間の物語に心を揺さぶられる様を捉えたドキュメンタリー。決して風評などではない、現実がそこにある。

当日は、井上淳一監督がトークショー&サイン会を行います。

上映会 17:00~18:30 ※開場は16:30

トークショー 18:30~19:00

サイン会 19:00~19:20 

[主催]日本コンパクトディスク・ビデオレンタル商業組合/わわプロジェクト(事務局:コマンドN)
[共催]梅田 蔦屋書店
[協賛]中外製薬株式会社
[後援]復興庁
[協力]アーツ千代田 3331、株式会社キネマ旬報社

日程 2017年03月04日(土)
時間 上映会 17:00~ ※開場は16:30
定員 80名
会場 梅田 蔦屋書店 4thラウンジ
会場住所 大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ9F
料金 前売1,000円(税込) 当日1,200円(税込)
参加方法

梅田 蔦屋書店オンラインショッピング・店頭にてお申し込みください。

オンラインお申し込みはこちらから   
※チケットの配送はございません。

お問合せ先

umeda_event@ccc.co.jp

運営 梅田 蔦屋書店
催事名 3.11映画祭in神戸
上映作品
備考

■□■市民社会フォーラム第195回学習会■□■
第4回 3.11映画祭 自主上映会@元町映画館

会場 元町映画館2階「黒の小部屋」
【上映スケジュール】
■3月2日(木)
 『薬は誰のものか エイズ治療薬と大企業の特許権』(84分)
   タイムテーブル
   18:30~挨拶
   18:35~『薬は誰のものか エイズ治療薬と大企業の特許権』上映
   20:00~内田聖子&国内外豪華ゲストのトーク&会場からの質疑応答
   21:00 終了
  ※定員40人、要事前申し込み civilesocietyforum@gmail.com まで
  共催 RCEPに対する国際市民会議
     RCEPに対する国際市民会議・神戸実行委員会 元町映画館

■3月5日(日)
 ①『ショックドクトリン』(82分) 
  10:30~
 ②『外泊』(73分)
  12:10~
 ③『横浜事件を生きて』(58分)『横浜事件の問い』(35分)
  13:40~ 共催 神戸映画サークル協議会、元町映画館

■3月11日(土)
 ①『南京 引き裂かれた記憶』(85分)
  10:30~
 武田倫和監督トーク(40分)        
  12:00~
 ②『南京 引き裂かれた記憶』(85分)
  13:00~
 ③『外泊』(73分)
  14:40~
 ④『ショックドクトリン』(82分)
  16:30~
 ⑤『横浜事件を生きて』(58分)『横浜事件の問い』(35分)
  18:10~
 トーク「共謀罪はいつか来た道に」(40分)   ゲスト 八木和也弁護士  共催 神戸映画サークル協議会、元町映画館

【参加費】各回上映ごと1000円
3/2の上映以外は、お申込みなしでどなたでもご参加できますが、人数把握のためご連絡くださればありがたいです。
メール:civilesocietyforum@gmail.comまで。

【開催趣旨】
 未曽有の大震災と原発事故となった「3.11」は、震災復興や原発・エネルギー問題だけにとどまらず、市民社会の中に「見えないものをみる力」を醸成する歴史的契機となりました。市民社会フォーラムは、社会学習ネットワークとして「3.11」以後も原発・エネルギー問題はじめ、様々な社会問題について多様な学習イベントを展開し、様々な個人・グループとのコラボレーションを発展させてきました。
その延長線上に、今回は「第4回 3.11映画祭」自主上映会にエントリーし、「3.11」から6年経つ今こそ観る価値のある映画5テーマを上映します。
 キーワードで言えば、「参事便乗資本主義」「社会正義」「記憶の忘却」「運動」「共謀罪」。
 「惨事便乗資本主義」 を告発する『ショック・ドクトリン』、「社会正義」のために医薬品独占の問題を問う『薬は誰のものか エイズ治療薬と大企業の特許権』、「記憶の忘却」に抗う『南京 引き裂かれた記憶』、生活のために「運動」に立ち上がる人々を描いた『外泊』、オリンピックによる復興にかこつけて制定されようとする「共謀罪」の危険性を過去の事件から知る『横浜事件を生きて』『横浜事件の問い』
 これらの映画は、日本大震災や原発事故について描いているわけではなく、時も場所も事柄もそおれぞれ異なる対象についてのドキュメンタリー作品ですが、「3.11」以後に生きる私たちの課題と密接に結びつくものです。まさに、「見えないものをみる力」で7年目の「3.11」を考えるために、ぜひご参加くだされば幸いです。

第4回3.11映画祭公式サイト

『薬は誰のものか エイズ治療薬と大企業の特許権』

ドキュメンタリー映画『fire in the blood』を日本語版製作したばかりの作品。2013年インド製作。監督のディラン・モハン・グレイ氏はこれまでも数々の社会派ドキュメンタリーを製作している。 監修:稲場雅紀 字幕:内田真木子 編集:脇元寛之 企画・制作統括:内田聖子 協力:首藤信彦/サキコ・フクダ・パー/アフリカ日本協議会/モーション・ギャラリー 制作:特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)2017年

『ショック・ドクトリン』

ミルトン・フリードマンらによって提唱された新自由主義(ネオリベラリズム)。政府による市場への介入を否定し、福祉国家の解体を唱えるそのラディカルな経済思想が、いかにして世界を席巻するようになったのか。軍事独裁政権下のチリから9・11以降のイラクまで、戦争やインフレ、自然災害などの危機を利用し、市場原理主義を推進してきたその歴史を振り返る。監督マイケル・ウィンターボトム/マット・ホワイトクロス 原作ナオミ・クライン 2009年/80分/イギリス

『南京 引き裂かれた記憶』 10余年にわたり南京大虐殺の加害者・被害者500名以上に取材し、70年の歳月を経ても生々しく語られる証言を集め、その本当の姿を浮き彫りにするドキュメンタリー。2007年/85分/日本/監督武田倫和/撮影松岡環、林伯耀、武田倫和 『Weabak:外泊』(ウェバク) 2007年6月30日夜、500人の女性労働者たちが韓国ワールドカップ競技場にあるホームエバー・ハイパーマーケットのカウンターを占拠した。翌7月1日「非正規職保護法」が施行。ホームエバーを経営するイーランドグループは、レジ係の外注化や新賃金体系で、差別を固定化しようとしていた。『Weabak:外泊』(ウェバク)は、510日間続いた女性労働者たちの闘いを描く。女性たちはマーケットに毛布を敷きつめ、家を離れ、「外泊(泊まり込み)」を始めた。食料を持ち寄り調理し、互いの思いを語り合う。歌い、踊り、泣き、笑い、労働闘争はいつしか家族的役割からの解放の場を生み出す。(監督:キム・ミレ/韓国/2009/73 分/日本語字幕付/日本語字幕制作:FAV連連影展) 『横浜事件を生きて』(58分/1990年)『横浜事件の問い』(35分/1999年)

戦時下の最大の言論弾圧事件と言われる「横浜事件」は1942年から45年にかけて多数の ジャーナリスト・知識人が検挙され、事実無根の共産党再建をでっちあげられ特高から激しい拷問を受けたもの。死亡者も出た。慰安旅行の1枚の写真(上)が、共産党再建準備会の証拠とされた。拷問による自白をもとに有罪とされたが、戦後関係者が立ち上がった。平成の治安維持法「共謀罪」を考える恰好の素材でもある。制作ビデオプレス。

日程 3月2日(木)、5日(日)、11日(土)
時間 上映日・上映回によって異なります(詳細は備考欄をご覧ください)
定員
会場 元町映画館2階「黒の小部屋」
会場住所
料金 各回上映ごと1000円
参加方法

3/2の上映以外は、お申込みなしでどなたでもご参加できますが、人数把握のためご連絡くださればありがたいです。
メール:civilesocietyforum@gmail.comまで。

お問合せ先

civilesocietyforum@gmail.com

運営

中国地方

催事名 3.11映画祭in広島
上映作品
備考

「いのちのかたち」ドキュンタリー/82分

画家・絵本作家のいせひでこが、東日本大震災の被災地・宮城県亘理町でクロマツの倒木と出会ったことをきっかけに始めた4年に渡る創作の過程を追ったドキュメンタリー。

「SHARING」監督:篠崎誠/2014年/111分

東日本大震災を題材に、心に傷を負った二人の女性の心の葛藤と交流を映し出すドラマ。監督は「あれから」の篠崎誠。出演は「ピース オブ ケイク」の山田キヌヲ、他。

日程 3月8日(水)~
時間 詳細は劇場にお問い合わせください
定員
会場 横川シネマ
会場住所 広島県広島市 西区横川町3-1-12
料金
参加方法
お問合せ先

横川シネマ

TEL:082-231-1001

運営 横川シネマ
催事名 3.11映画祭in鳥取
上映作品
備考

監督:佐藤太/2016年/130分

東日本大震災に伴う福島第一原発事故の発生から5日間に渡る首相官邸や市民の姿を、1人の新聞記者の視点で再現したドラマ。2011年3月11日、震災によって福島第一原発は全電源を喪失。打つ手のないまま、事態は刻々と悪化の一途を辿る。当時、事故に対応した内閣閣僚はすべて実名で登場。菅直人首相を三田村邦彦、内閣官房長官・枝野幸男を菅原大吉、内閣官房副長官・福山哲郎を神尾佑、首相補佐官・寺田学を青山草太が演じる。

*なお、上映終了後には素敵な景品が当たるプレゼントイベントも開催。ご来場、お待ちしております!

日程 3月11日(土)
時間 開場 13:30 開演 14:00
定員
会場 ガイナックスシアター(イオン米子駅前店3階)ホールBetty
会場住所 米子市末広町311 イオン米子駅前店3階
料金 入場無料
参加方法

入場無料 ※アリオン各店で入場整理券配布中。整理券無しでも入場可能ですが、当日入場券と引き換えに「アリオンレンタル半額券」と「アリカフェ利用半額券」を、もれなくプレゼント!

お問合せ先
アリオン皆生店 TEL:085(931)1744
運営 アリオン皆生店

四国地方

催事名 3.11映画祭in徳島2017
上映作品
備考

配給:太秦 / 監督:佐藤太 / 2016年 / 上映時間:130分

日程 3月11日(土)
時間 ①15:00~ ②18:30~
定員 80名
会場 北島町立図書館 創世ホール 2階ハイビジョン・シアター
会場住所 徳島県板野郡北島町新喜来字南古田91
料金 無料
参加方法

①②とも30分前より先着順

お問合せ先

3.11映画祭in徳島実行委員会 事務局(チャーリーブラウン内)

TEL:088-679-9776 担当:神農(かんの)

運営 3.11映画祭in徳島実行委員会
催事名 3.11映画祭in高知2017
上映作品
備考

古居みずえ監督トーク
トークセッション「ふるさとのいのちをつなぐ」
監督以外のトークゲスト:①梅原俊順さん(震災後福島本宮市より母子避難→現在高知県産素材でのペットフードを開発製造販売するトリマー)
②谷川徹さん(農と生きもの研究所 谷川農園を運営する農業者)

託児あり(14:00-の上映回のみ)・要予約

日程 2017年2月25日(土)
時間 ①14:00-15:35 第一回上映 ②18:00-19:35 第二回上映
定員 399席
会場 高知県立美術館ホール
会場住所 〒781-8123 高知県高知市高須353-2
料金 前売り1300円 当日1500円  障がいのある人・託児利用者800円  高校生以下無料
参加方法

チケット販売 ▶ 高新プレイガイド、美術館ミュージアムショップ、
        金高堂本店

お問合せ先

090-1574-3973(シンフォニア0311)

運営 シンフォニア0311

九州地方

催事名 3.11映画祭 in 福岡 2017
上映作品
備考

今年も『3.11映画祭』の福岡サテライト上映を福岡インディペンデント映画祭が、ご協力させて頂いております
  
今年は、東日本大震災から5年たった福島の今を介護の現場から描いたドキュメンタリー映画を上映致します。
  
上映作品:JUST GO ON (ジャストゴーオン)
 
  是非この機会に震災を乗り越えた
  福島の介護の現場「今」をご覧下さい!
  熱い想いを持って働く現場から、元気をもらえます!
 
予告編 > https://www.youtube.com/watch?v=vKrKt_iQLgg
 
ラッパーで馬乗りの介護福祉士や最近子どもが生まれたイクメン介護福祉士、避難指示解除準備区域、居住制限区域に唯一残る特別養護老人ホームで働く為に福岡から移り住んだ介護士が出演。
この5年でどんな葛藤があって、どんな決断をして、どんな未来を描いているのか。その答えは『JUST GO ON』の中に・・・。
 
制作年:2016年 上映時間:70分
監督:犬童一利 「カミングアウト」「つむぐもの」
企画:Ubdobe 製作:社会福祉法人 福島県社会福祉協議会

日程 2017年3月11日(土)
時間 開場18:30 /上映19:00~20:30
定員 304
会場 アミカスホール(西鉄「高宮駅」西口すぐのアミカス内)
会場住所 福岡市南区高宮3-3-1 福岡市男女共同参画推進センターアミカス内
料金 500円 ※学生・60歳以上のシニアの方は無料。
参加方法

当日会場へ直接ご来場ください。

※学生・60歳以上のシニアの方は無料となります。
 各種証明書をご掲示ください。

※介護関係従事者3名以上の団体は事前ご予約で割引となります。
TEL:092-741-4505 へ団体名と代表者さま氏名、予約人数、お電話番号をお知らせ下さい。
 

お問合せ先

TEL:092-741-4505

運営 福岡インディペンデント映画祭

あなたの街でも3.11映画上映会を開催してみませんか?

さまざまな物事の転換期となった「3.11」というキーワードを軸に、2015年から全国各地で映画上映会を同時期に開催してきました(2015年は全国14箇所、2016年は全国30箇所)。
単なる映画祭ではない有機的ムーヴメントを目指す活動として、本映画祭の趣旨に賛同し、自主上映会を行う団体・個人を募集します。規模・エリアは問いません。みなさまのご参加をお待ちしています。詳しくは募集要項をご覧ください。
2017年2月現在の「自主上映可能作品」の一覧がありますので、こちらで上映作品の検討や上映のお申込みができます。

自主上映可能作品

募集要項

エントリーシート

▲pagetop